債務整理 借金 返済 必要なもの 

債務整理に必要なもの

債務整理をするにあたり、必要になるため準備しておくべきものです。

 

身分証明書 

免許証や保険証など、一般的な身分証明書です。
自分が法律事務所に行けない時はコピーとって送ります。

 

印鑑

契約書に捺します。
こちらも自分が法律事務所に行けない時は、事務所から郵送された書類に忘れずに捺しましょう。

 

債務先が分かるもの

督促状や履歴のコピーなど、どこからお金を借りたか分かるもの。
書き起こして一覧にしておくと良いでしょう。
法律事務所ではこれを元にして、債権者に開示請求書を送ります。

 

借入契約書・明細書など

いつどこからいくら借りたのか、また、いくら返済しているのか分かります。
明細が手元にない場合は開示請求後に送られてくるでしょう。

 

キャッシングカード・クレジットカード

開示請求後、カード類は返却するよう求められる場合があります。
もし、公共料金などをカードからの引き落としにしていたり、その後すぐに必要になることがあったら、法律事務所に伝え他のカードは渡しましょう。
コピーをとることもあるので、渡さなくても持っていくといいでしょう。

 

資産について分かるもの

車や自宅のローンが残っているなら、固定資産に関する書類も用意しておきます。
債務整理方法によっては固定資産が差し押さえられる可能性があります。

 

保険加入について分かるもの

保険や税金の支出について、月にいくらかかっているのか法律事務所に提示することになります。

 

毎月の収入と支出についてわかるもの

ボーナスを含めた年収、月収、副業があるならその収入、配偶者の収入、同居している親や子供の収入など家庭の家計状況を法律事務所に提示します。
ここから生活に無理のない返済ができる和解金を算出します。

 

 

それから、どういった理由で借金をするに至り、また返済できなくなってしまったのかという書類を書くことがありますので思い出しておくと良いでしょう。
こういった書類は、自分が法律事務所に行けない場合は自宅などに郵送されてきます。
もし家族に知られずに債務整理をしたいと思ったら、差出人を法律事務所ではなく個人名にしたり、局留めなどで送ってもらうようにできます。

 

あとは、弁護士への依頼費や報酬など、債務整理にかかるお金が必要です。
それについて詳しくは債務整理にかかるお金をご覧ください。