債務整理した後 借金 返済 完済

情報機関に登録される

個人信用情報機関に、借金があった、債務整理をしたという旨は登録されます。

 

信用情報機関とは、お金の借り入れなどに関する個人情報を扱う民間の機関のことです。

 

それぞれ登録される情報機関は、

 

銀行系の借金だと、全国銀行個人信用情報センター

 

貸金業者の消費者金融だと、株式会社日本信用情報機構

 

クレジットカード系の借金だと、株式会社シー・アイ・シー になります。

 

 

機関に登録されることをブラックリストに登録されると表現する人もいます。

 

何故かというと、完済していても、登録されてからしばらくはカードローンの利用やクレジットカードの新規申し込みが制限されるからです。

 

機関の情報は5年ほどで削除されるとされていますが、債務整理した債権者に情報が残っていると申し込みできないこともあります。

 

ですから、住宅ローンなど大きな金額のローンについては、最悪同じところに申し込むことが一生できない可能性があります。
他の住宅ローンなら利用できるかかというと100%とは言えないでしょう。

 

これは任意整理や個人再生での完済や、自己破産でも同じように登録されます。

 

 

なお、信用情報機関は、借入に関する情報を扱っているため、債務整理を依頼する前に借金の総額を知りたい時に利用できます。
個人でも開示請求が可能で、電話や書面の郵送、窓口で受付できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完済後も変わらないもの

個人再生で債務整理を進めた方は、住宅ローンが残っていれば債務整理分を完済しても、住宅ローンの支払いは残ります。