債務整理 借金 消費者金融 何社まで

複数同時に借入、何社まで?

多重債務の末に債務整理となる方は沢山いらっしゃいます。
実は借入できる消費者金融については申し込みの数に限度はありません。

 

では、無制限に借りられるかといえばそうでもありません。
総量規制という決まりがあり、借り入れ限度額は年収の3分の1と決まっているからです。

 

一社あたりではなく、多重債務の場合はその合計が年収3分の1でおさまるように利用する必要があります。
年収300万の利用者は、複数社から合計100万円までなら借り入れることができます。

 

しかし、同時に何社も申し込むと審査に通らないケースが出てきます。
申し込んだという事実は、審査に通っても通らなくても信用情報機関に登録されるからです。

 

この同時申込みのラインは3社程度とされています。

 

ですから極端に言えば、年収300万円の利用者が10万ずつ10社から借り入れようとしても審査に通らない可能性が高いということになります。

 

中には、カードローンの少額借入であれば即日に申し込めるというものがありますが、こういった少額から利用でも同時に何社も申し込むと全て審査を通過するのはむずかしくなるでしょう。

 

 

そのための事前審査

借入申請をすると事前審査が行われ、収入証明の提示や勤め先への在籍確認があります。

 

在籍確認は、定職についているかを確認するために行い、収入証明では月収がいくらかを確認されます。

 

月収のから年収を割り出し、信用情報から過去の信用取引や金額について調べ、現時点での債務金額が年収の3分の1に達していなければ審査に通過、その後借り入れという形になります。

 

 

ですから多重債務をするにあたり、大切なのは借入をする会社の数ではなく借りる金額の総額です。

 

複数社から借り入れをするよりも1社あたりの借り入れ限度額を上げて、枠を増やした方が高額借入ができる可能性が高いです。