債務整理 相談 弁護士 司法書士

弁護士と司法書士の違い

借金問題、相談などで調べると、弁護士と司法書士という2つの相談先が見つかります。

 

弁護士は事件に関わらず、裁判に出廷して代理人を務めたり、法に関する業務にあたり制限がありません。

 

一方、司法書士には、制限があります。司法書士の主な業務は、不動産や会社の登記や供託です。
裁判になるような事件だと、債務額が140万以下の事件のみ、認定司法書士に限り担当することができます。
最初は全く担当できませんでしたが、平成15年に法が改正されたため、一部担当できるようになりました。
司法書士は、裁判所に申し立てする手続きや、書類の作成にあたります。