債務整理 借金 返済 闇金

闇金

闇金とは、国に許可を得ずに営業している金融企業のことです。本来金融は財務局などに登録し許可を得て営業しなければなりません。
無許可であったり利息制限法を無視した高額な利子で借金をさせる金融企業は闇金になります。

 

闇金を使用することにメリットはありませんが、総量規制のため銀行や消費者金融にこれ以上借り入れができないと断られた場合、闇金に頼らざるを得ないという人も多いのが事実です。
しかし、事情によっては総量規制を超えていても借り入れを行える可能性があります。高額医療費などは除外対象となるため闇金に頼らなくてもお金を用意できます。

 

闇金の手口は、少額の借り入れでも月毎ではなく日ごとに利息が嵩んでいきどんどん借金が膨れていくというものです。
当然、返済できないため今では法で禁止されている過度な取り立てを行います(自宅、家族、職場にまで被害が出ることもあるそうです。)
そのため最初に申し込む時に、自分だけでなく家族や職場の連絡先なども登録させられます。
更に他の闇金から、こちらから融資をうけないかと持ち掛けられるなど登録した情報は悪用されるようです。

 

あまりにも暴力的な取り立てをされた場合は、法律事務所より先に病院や警察へ相談した方が良いでしょう。
実は、闇金は無許可無登録で営業しているため、法律上返済義務は発生していません。

 

一番いいのは総量規制になるまで借金をしないことです。
それでももし他社への返済のために闇金を頼ろうとしているのでしたら、 闇金に行く前に債務整理を始めて借金を減らしていきましょう。