債務整理 借金 無職 専業主婦

債務者が専業主婦のケース

債務者が専業主婦のケース、家計のお財布を握っているのは、主婦であることが多いですね。
ご主人の収入から毎月の生活費などをやりくりして、貯金。家事をしたり日用品の買い出しに行ったり、たまに外でお茶を飲んだり・・・。お子さんがいれば、ここに子育てが加わります。

 

そんな中、クレジットカードを持っている主婦の方も多いです。
無収入の主婦でも、イオンやセブンアンドアイ、セゾンなど、頻繁に使うスーパーの系列のクレジットカードを持っていると、日によって割引になったりポイントが貯まってお得に買えます。
まとまった買い物をしたい時、ネットで支払いを済ませたい時などやはりカードがあれば便利ですからね。

 

さて。忘れてはいけないのは、このカードの支払いは全てご主人の収入で賄われているという点です。
使いすぎてしまっても、払うのはご主人の収入、例え個人の美容代や娯楽代でも、払うのはご主人の収入からです。

 

カードは自分名義で持っているので、無収入の専業主婦でも債務整理することは可能です。

 

ただし、無条件ではありません。
任意整理はそのままでお願いすることは難しいのです。

 

任意整理ができるかどうかという点は、返済能力の有無が大きく影響してきます。
自分でお金を出せない、でもご主人には内緒で借金を片付けたいという方は、よほど預金に余裕がある、両親など保証してくれる人がいないと厳しいです。
この場合預金でどうにかできるなら、そちらから払っていれば債務整理をする必要はないでしょうから、やはり保証人が必要だと思います。

 

または、自分が働くという手もあります。
パートやバイトでも構わないので、収入があるようにすればそこからご自分で返済していけます。

 

借金の全額免除もありえる自己破産の場合は、借金の理由が買い物であったり、ギャンブルでなければ自己破産もできます。

 

自己破産もご主人に無料で行うことができますが、自分名義の品は差し押さえられる可能性があるため、そういうところからバレてしまうこともあるようです。
そもそもの保証人がご主人の場合も隠すのは難しいでしょう。

債務整理のあと

債務整理後に、専業主婦で生活で一番大きく変わるのは、自分名義のクレジットカードが持てないところでしょう。
恐らく自分でローンを組むこともないと思いますので。

 

仕事を辞めて専業主婦になった方が、落ち着いたら仕事に復帰しようと思っていても、資格制限を受ける職業であれば復帰はできません。

 

 

仮に自分で働いて収入が入るようになっても、5年程度クレジットカードの新規契約はできません。
今もっているカードも、債務整理を初めた時点では止まっているため、弁護士と契約が結ばれた時点で使えなくなると意識しておいてください。
なお、クレジットカードは作れませんが、即時引き落としのデビットカードなら新規契約が可能です。

 

また、借金があると分かった時点で離婚されるケースもなくはないです。
この場合、過失があるのは主婦側なので、慰謝料を請求される可能性もあります。